上顎の骨にアンカースクリューを打ちました - 見た目ほど痛くないし腫れない

歯科矯正用アンカースクリューを上顎に打ち込み 20180105

投稿日:2018年1月6日

アンカースクリュー埋入当日

※2018年5月 アイキャッチ画像追加
(アイキャッチの写真は抜歯後に撮影したやつです。)

Sponsored link

あけましておめでとうございます。

昨年、非抜歯矯正の終わりを告げられ

抜歯矯正へ移ることに決めました。

その抜歯矯正も

歯科矯正用アンカースクリュー(インプラント)を

用いた比較的新しい手法の矯正です。

抜歯の前にアンカースクリューの埋入を

終わらせておくこと、

更にスクリュー埋入の前に精密検査を

受けなければならず

昨年末に精密検査を受けました。

新年1発目はそのアンカースクリューの埋入から。

今日は自分の子も同伴しました。

では、当日の記録です。

埋入の記録

歯茎に麻酔を打つ

ここの歯医者さんでは

針のチクッを軽減させるため

予めパッチのようなものを貼り、

それを剥がしてから打ちました。

(麻酔の麻酔…みたいなものなのでしょう。)

でもパッチの効いてないところは

チクッとしました(笑)

麻酔が効くまで待つ

15分くらいでしょうか?

結構待ちました。

待っている間、

子どもたちが話しかけてくれて

不安が和らぎました。

ドリルにスクリューをセットし、埋め込む

治療用のドリルに

ネジ(スクリュー)をセットします。

それを見た上の子が

「ネジだ…(;゚д゚)驚」

とポロリ。

先生「そうだよ~、小さなネジでしょ~(^-^)」

歯茎に器具を当てて

「これは痛くないですか?」と

麻酔が効いているかを確認。

その後は予定の位置にドリルでガガガガ…

埋め込みました。

埋め込み位置に

唾を吸うホースをあてがっていたので

口の中が血の味でいっぱいになることは

ありませんでした

両方埋め込んだ後はお口を軽くゆすぎます。

出血はありません。

(子どもたちが私の足元に立っていましたが、
先生が子ども達を背に覆いかぶさるような姿勢だったので
子どもたちからの位置からはネジを打ち込むところは
見えなかったと思います。)


Sponsored link

レントゲン撮影

スクリューが問題なく上顎の骨に

埋め込まれているかを見るために

レントゲン撮影を行いました。

結果オーライ。

写真撮影&確認

埋め込んだ場所をデジカメで撮影します。

その場でパソコンにデータを送り、

「こんな感じですよ。」

と写真を見せてもらいました。

治療にかかった時間

当初の説明どおり、1時間程度でした。

費用について

自由診療なので保険適用にはなりません。

実費で 2本 6万4800円(税込み)

カード一括払いしました。

先生からの注意

ワイヤーを通すのは2週間後

骨に打ったスクリューが完全に固定されるまで

2週間かかります。

その間はワイヤーで締めるなど

負荷をかける行為はご法度

矯正歯科での治療再開は

「2週間経ってからお願いします。」

と説明されました。

打ち直す場合

極まれに埋め込んだスクリューが

取れてしまうことがあるそうで

その時は違う場所に打ち直しになるとのこと。

打ち直しの費用は発生しませんが、

5回以上になると初診扱いに戻るので

埋入費用(1本3万円)が発生します。

Sponsored link

術後経過(当日)

痛みについて

殆ど出ないので安心して下さい。

と言われましたが、『念の為に…』と

痛み止めを処方されました。

麻酔が切れる頃にうずく程度

歯医者さんを後にして

1時間くらいで麻酔が切れ始めました。

その頃にジワぁジワぁとした痛みが

あったりなかったりです。

本当にうずく程度の痛みで

痛みはその後1~2時間で消えました。

ただ、疼きが消えたからといって

頭の方へ血を送る行為はやめましょう(^^;)

行き帰りはバスでしたが

帰りのバスで座ると高確率で

眠ってしまいます。

今日も案の定、眠ってしまって

頭が下がって

おじぎするような姿勢になった時に

ジワジワ疼きました。

口腔内の違和感

違和感は殆どありませんが、

存在感は時折感じます(笑)

歯茎に口内炎が出来たときの

違和感に似ています。

口角をあげて笑うときに

内頬にスクリューが軽く触れますが

ほとんど気になりません。

まとめ

・所要時間は1時間

・麻酔 → 埋入 → レントゲン → デジカメ撮影 → 先生のお話 の順

・打ってから完全に固定されるまで2週間要する

※矯正治療再開は2週間を過ぎてから

・痛みは殆ど出ない

先生のおっしゃる通り、痛みはほぼ無し。

痛くても疼く程度で1~2時間で引く。

ただし、頭を下げるとドクドクして

疼くので頭を下げないよう注意。

感想

打ち込む作業があっという間に終わり

また、痛みが殆ど出なかったので

本当に処置したの?

痛くない!凄い!

と感動しました。

事前に先生がしっかり説明して下さり

先生ご自身もこのアンカースクリューで

治療した経験者とのこと。

硬い骨にネジを打つのは

考えただけでも痛々しいし、

見た目も痛々しいし、

初めてこれを見る人は

うわっ… … …

と引いてしまうかもしれませんが

見た目ほど痛くありません

※2018年5月 追記 抜歯後に撮影

上の歯の歯列矯正用アンカースクリューとブラケット装置 201801
見た目ほど痛くないよ

こんな感じで歯茎の上の方なので

大きなお口をあけても目立ちません。

むしろ写真撮影がべらぼうに難しい(汗)

そんなこんなでスクリューの埋入も

問題なく終わり次はいよいよ抜歯です。

上4番の同日抜歯の記録はコチラ

上4番抜歯後の最初の調整日の記録はコチラ

余談

自宅を8時半に出ました。

車で行こうか迷いましたが、

交通量の多い幹線道路を

長距離走るのも怖いのでバスです。

そして、今日は子どもたちも

同伴させました。(冬休み)

自分の歯医者に子どもを同伴させるのは

今回が初めて。

子供連れなので診察室も個室風でやや広め、

子どもたちは私の足元近くの椅子に座って

待機です。

下の子はともかく、

上の子が興味津々でずーっと

こっちを見ているので

恥ずかしかった(笑)

「座っててよ。あんまり見られると恥ずかしいから(笑)」

「え~、だって何するか気になるんだもん。」

こんな会話をしていると先生が

インプラントを入れる所を見るのは

滅多にないことだから貴重な体験ですよ~(^-^)

と。

確かに貴重な一場面ですよね。

むしろ、

私がその瞬間を見たい。

子ども達はむしろトラウマ、
刺激が強すぎるような気もします(笑)

肝心な骨に打つ瞬間は

先生が覆いかぶさるようにして処置していたので

恐らく子ども達がいた場所からは

見えなかったと思います。

当初は家で留守番させる予定でいましたが

同伴させて良かったです。

一緒にいて気が紛れたのと

傍にいて心強かったです。

歯茎にネジを突っ込むなんて

未知の領域で

どんなに先生を信用していても

やっぱ怖かったですから(^^;)

次の記事は

私のようなウルトラスーパー出っ歯は

非抜歯矯正では口ゴボまでは治らない&

劇的ビフォーアフターにはならなかったことを

写真つきで振り返りつつ、

抜歯前の鬱々とした気持ちを綴っています。

記事下の《次へ》お進み下さい☆

-アンカースクリュー
-,

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.