[非抜歯] 3回目 調整日 | ゴムかけで予定外の場所に隙間が空いたので先生に質問しました

カリエールディスタライザーとゴムかけによる非抜歯矯正調整日 20170331

投稿日:2017年4月6日

補強の為に下の奥歯に輪っかを嵌めました

Sponsored link

国内最大であろう

サイズの銀の輪っか(バンド)が

嵌らなかった前回の診察。

海外から取り寄せることになったので

前回の診察から2週間後に再度

矯正歯科に赴くことになりました。

満を持して迎えたこの日ですが、

海外規格の輪っかで

嵌らなかったらどうするんだろう…?

どうなるのでしょうね?

この記事では

・海外から取り寄せた輪っかと装置の補強

・装置の補強について先生からの説明

・ゴムかけを続けている中、

最初の説明と違う場所に

隙間が空いていることを先生に質問&

先生からの返答

これらのことを記録しました。

Sponsored link

調整の記録

さてさて、

海外から取り寄せた銀の輪っかを

いざ装着。

おお~っ!ピッタリ!!

輪っかがすっぽり収まりました。

そうか、私の奥歯は海外規格なのか…。

そして、1番奥に嵌めた輪っかと

その手前の歯の装置をつなげる処置をして

この日は終わりました。

下の装置に補強
海外から取り寄せた輪(1番奥)と
その手前を棒状の器具で結ぶ

写真がぼやけてて見辛いですね、スミマセン。

なぜこの装置が必要なのか

私のように遠方から通う人だと

万が一、

手前の輪っか(=最初につけた輪っか)が

外れたときに

すぐに対処出来ないので補強をしました。

が1つめの理由。

2つ目の理由は

治療が少しでも早く進むように。」

とのことです。

『治療が早く進むように』といっても

無理な負荷をかけているわけではありません。

歯の動きが遅い…?

今回の診察で先生から

ゴムは1日3回かけてますか?

と聞かれました。

もちろん、

これまでサボったことはないので

「はい。」

とお返事をしました。

それに対して

「そのまま続けて下さいね。」と

言われただけでしたが

一瞬、『歯の動きが遅いのかな?』と

勘ぐってしまいました。

その場で聞こうかどうか迷いましたが

進みが悪ければ

先生も言って下さると思うので

その辺りは深く考えずに

ゴムかけを続けるとします。

Sponsored link

隙間の出来る場所が当初の説明と違うことについて

当初の説明では

犬歯とその隣の前歯=側切歯(上2番)の間に

隙間が出来ると説明を受けました。

カリエールディスタライザーとゴムかけの効果-01

ゴムをかけ始めてからはその場所に

僅かながらも隙間が出来ました。

ところが、

その隙間もそれ以上空くことはなく

今では前歯の横に隙間が出来ています。

前歯横の隙間 201703-03
肉眼でも分かるくらい隙間ができました
カリエールディスタライザーとゴムかけの効果-01
前歯横の隙間 201703-03
違う場所に隙間ができてまっせ

そのことについて伺ってみました。

隙間の空く場所は人それぞれ

犬歯側切歯の間に

隙間が出来るのがスタンダードですが、

結局のところ

人それぞれなんだそうです。

予定の場所で隙間ができる人もいれば、

私のように違う箇所に隙間ができる人もいるし、

予定の場所プラス、

その隣にも隙間ができる人もいるそうです。

歯並びが十人十色違うように、

歯の動きも十人十色なのでしょう。

いずれワイヤーを掛けて隙間を無くしていくので

どこに隙間ができても構わないわよ☆

非抜歯 3回目の調整 感想(?)

海外から取り寄せた輪っかが

無事奥歯に嵌り、治療続行です。

補強の為の輪っかでした。

ゴムかけで隙間ができる場所も

本来の位置と違っても問題はなく、

人それぞれという説明なので

私の歯並びは

前歯の横に隙間ができる体質(?)なのでしょう。

歯並びの経過記録▼

どんどん隙間が出来てきて

いえーい☆隙っ歯や~\(^o^)/

次の調整日の記録を読みたい方はコチラ▼

順調に進んでいて嬉しい♪

-非抜歯矯正の調整日
-,

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.