[非抜歯] 2回目 調整日 | 下の一番奥の歯に輪っかがはまらない

カリエールディスタライザーとゴムかけによる非抜歯矯正調整日 20170303

投稿日:2017年3月6日

私の歯の大きさは規格外?

Sponsored link

ゴムかけ装置とゴムかけで

非抜歯矯正が始まり、

上の奥歯を喉の方へけん引し

噛み合わせを正しながら

前歯に隙間をあけている途中です。

ゴムかけ期間中は

1ヶ月半おきの来院で良いらしく

1ヶ月半ぶりの診察に行ってきました。

前回の診察では引っ張る力がより強い

顎間ゴムとチェンジ。

新しいゴムに変わったのに

痛みが無くて不思議でしたが

何よりも前歯に少しだけ隙間ができ、

噛み合わせの変化も感じられて

嬉しかったです(^^)

さてさて、前回の診察時に

「次回は○○をしますね。」の

説明はありませんでしたが

今回の調整も前回同様、

ゴムの種類を変えて

経過観察で終わるのかと思いきや、

下の1番奥の歯(12歳臼歯)に

銀の輪っか(=バンド)を嵌めることになりました。

だがここで思わぬハプニングが…。

調整の記録

というわけで、下の一番奥の歯に

輪っかを嵌めようとしましたが、

予定していた大きさの輪っかが入らず

「○番のサイズ(もう一回り大きいサイズ)出してー。」

「○番のサイズ(更にもう一回り大きいサイズ)お願い。」

「1番大きいサイズあるー?」

と先生が衛生士さんに指示。

その1番大きいサイズでなんとか

右の奥歯は装着できました。

でも本当にキッツキツのギチギチです。

さて、左の奥歯はというと

この国内最大サイズであろう輪っかが

全く入らず

「海外から取り寄せるので

2~3週間後に来院して下さい。」

「右の歯もキツそうなので

左の歯と合わせて海外から取り寄せますね。」

と説明の後、

右の輪っかを外してこの日は終了しました。

Sponsored link

非抜歯矯正 2回目の調整 感想(?)

私の歯の大きさはどうやら国外サイズのようで…

えーと、規格外?(笑)

精密検査結果で

歯のひと粒が大きいことが発覚しましたが

ここまで大きいとは(笑)

そりゃあ行き場のない歯は前に出てしまうよね(笑)

先生も今回のことは予定外だったのか

いずれにしろお互い

面食らった感がありました。

そんなこんなで月末に来院することとなりました。

エラスティックス 顎間ゴム-クーガのゴム

ゴムは引き続きクーガで続行です。

歯並びの経過記録▼

当初説明を受けた場所とは違う場所に

どんどん隙間が空いくのだが…

次の調整日の記録を読みたい方はコチラ▼

輪っかは無事嵌りました(笑)

当初の説明とは違う場所に隙間が空くことを

先生に質問してみました。

-非抜歯矯正の調整日
-,

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.