歯列矯正における矯正装置の選定 | 今思えば…

投稿日:2017年4月28日

先を見越して矯正装置を選びましょう

Sponsored link

私の矯正プラン

2016年12月~2017年6月

ゴムかけ装置(カリエール・ディスタライザー)と

顎間ゴム

カリエールディスタライザー ゴムかけ 斜めの角度 201612-01
最初の半年はゴムかけで
前歯に隙間を作る&
奥歯の噛み合わせを直す

予定通り進めば2017年7月頃に

ブラケットワイヤーに変更。

ワイヤー矯正で前歯の隙間を埋めていきます。

昨年11月の契約時に

ワイヤー矯正で使うブラケットを決めました。

セラミックタイプ(乳白色)のブラケット

を選びました。

同じ金額でデーモン3という金属タイプもありました。

そちらの方が痛みも少なく

矯正にかかる期間も短くなるそうです。

どちらか迷いましたが、

目立ちにくいという利点で

セラミックブラケットを選びました

これが後々…というか

今になって若干後悔しています。

なぜかって…

写真を撮る時期はゴムかけ装置でした

この3月と4月は息子の卒園式と入学式がありました。

記念撮影をしますよね?

『その時に目立たない方が良いだろう…』という

たったそれだけの理由で

セラミックブラケットを選択したけど

よくよく考えたらこの時期はゴムかけ装置じゃん

気づいても後の祭り。

このゴムかけ装置が意外と目立つんですよね。。。

(ゴムをかければ尚のこと。)

カリエールディスタライザー ゴムかけ 斜めの角度 201612-01
ギンギラギンにさり気なくない

前回の診察時

「一時的に上の装置だけでも外して貰えませんか?」と

ぶしつけな質問をしましたが

返ってきた答えは

それは………ちょっと…無理ですね。

ですよね。

「式典の時だけゴムを外して良いですよ。」

と言われたのでその通りにしました。

写真を見返すと

思っていたほど装置は目立ってないし、

この先この写真を見返した時に

『ああ…この時は矯正してたんだな。』と

違う意味で記念になるから

これはこれで良かったカモ…と

自分で自分を慰める。

Sponsored link

拭いきれない後悔

今後、ブラケットワイヤーに移行しますが

これだったらデーモン3にしておけばよかった…

と最近になって後悔しています。

矯正期間が短くなるなら

それにこしたことはないし、

痛みも少ないのなら

こちらの方が利点がありますよね。

ていうか利点しかないですよね。

セラミックの利点は

白色で目立ちにくいだけですから…。

セラミックとデーモン3、同じ金額といえど

契約してしまった以上変更はできないので

諦めますけど

もっと注意深く決めるべきでした。。。

仕事でたまーに接客もあるので

やっぱり白いブラケットにして良かった!

と思えたら良いなぁ…なんて(^^;)

さて、どうなることやら。

-雑記
-,

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.