[矯正経過写真] 上4番抜歯後 初の経過画像だけどなにも変化ナシ 1月20日-2月16日【比較】

表側装置(セラミックブラケット)による歯の動き経過まとめ 20180120-20180216

投稿日:2018年2月17日

痛みもなければ動きもない…

Sponsored link

上4番抜歯後の最初の調整日も終え、

次の調整日を迎えようとします。

久々にあの痛烈な痛みがくると

覚悟していましたが

なんのその。

この1ヵ月で少しでも動いてくれるのを

楽しみにしていましたが

なんのその。

もうこの時点でお察しかと思いますが

一応、記録として綴ります(笑)

痛みについて

結論から申し上げますと

全ッッッ然痛くなかった

です。

…といったら嘘ですが(嘘かよ!)

厳密に言うと僅かな痛みはありました。

1月21日(日) 調整の翌日

・朝起きると奥歯が痛いが、時間の経過とともに痛みが引く

・咀嚼すると奥歯が痛いが、ご飯が食べられないほどの痛みではない

前歯ではなく、なぜか奥歯が痛かったです。

1月22日(月)~

終日痛み・疼きなし

2月初旬

・前歯が疼いているような疼いてないような感じ

本格的な痛みクルー?!

と楽しみにしてましたが

翌日には治まってました。

これ以降は痛みとは無縁の生活でした。

こんなの私の中では

痛いうちに入りません!

歯1本分の隙間を埋めるのに

さぞかし大きな力が加わるであろう

あの痛烈な痛みを、

初めてのゴムかけや

途中で矯正装置を変えた時のような

あの痛烈で強烈な痛みを

覚悟していました。

痛いのは辛いですが

それでも歯が動いていることを

実感できるので

痛みが出ることが楽しみでもあったのに

がっかりです。

痛みがなかった原因は恐らく

下の歯を抜歯していないので

必要以上の力を加えると

下の歯に当たってしまから…

だと思います。

なんとなくですけど…。

長い目で見るとしますか(泣)

Sponsored link

歯の動きについて

結論から申し上げますと

全ッッッ然変化なし

です。

特に分かりやすいのが犬歯の位置

抜歯後から1回目調整日までの犬歯の動き 201802-02
犬歯の噛み合わせ位置に注目

犬歯の噛み合わせ位置が

全然動いてないので

前歯が下がっているはずがない。

続いては下から見上げた写真。

抜歯後から1回目調整日までの歯の動き-下から見た噛み合わせ 201802
抜歯後から1回目調整日までの下から見た歯の動き 201802

うーん…全く動いているようには見えないです。

調整日を迎えても

その後に変化がないことほど

つまらないものはないです。

朝起きても前歯が乾いてない日がくるのは

いつだろう…(切実)

うん、やっぱり上の歯はまだワイヤーで締められないのだそうです。

記事下の《次へ》お進み下さい☆

-1ヶ月間の歯の動きと痛みまとめ
-

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.