初めてのゴムかけ 僅かだけど歯が動いてる?! | クマのゴム 12月9日-1月12日

カリエールディスタライザーとゴムかけの歯の動き経過まとめ 20161209-20170112

投稿日:2017年1月23日

歯の動きに変化があらわれた?!

ゴムかけ装置と顎間ゴムでの

非抜歯矯正がスタートしました。

今、使用しているのはクマのゴム。

エラスティックス 顎間ゴム-くまのゴム

ゴムかけ開始(12月9日)から

1ヶ月が経ったので

歯並びの変化を記録しました。

Sponsored link

歯並びの変化

装置を着けたのが12月9日。

変化が現れたのは12月15日

約1週間後ですね。

写真を撮り忘れてしまったので

画像使い回しで説明すると

上の犬歯裏が下の犬歯に当たらなくなりました。

上の犬歯裏が下の犬歯に当たらなくなりました 201612
上の犬歯裏が下の犬歯に当たらなくなる

歯の向きや形も関係しているかと思いますが

私は上の犬歯裏(赤色の矢印の先の部分)が

少しぽっこり(?)していて

それがずっと下の犬歯に当たっていました。

そのぽっこりしている所の位置が少しずれて

下の犬歯に当たらなくなっています。

更に1月10日頃

予定通り犬歯

側切歯(=犬歯の隣の前歯/上2番)の間に

僅かな隙間が見られます。

カリエールディスタライザーとゴムかけの効果-01

ただ、肉眼で目を凝らして

ようやく見えるほどの僅かな隙間です。。。

写真には写りませんでした(泣)

更には、

前歯(上1番)側切歯(上2番)の間にも気のせいか

隙間が出来ているような…?

あんな小さなゴムでこんな威力があるとは

びっくりぽんです。

Sponsored link

口の中の違和感について

上の歯にはゴムかけ装置、

下の奥歯には銀のバンドをつけています。

カリエールディスタライザー ゴムかけ 口の中 201612-01
ゴムかけ装置
= カリエール・ディスタライザー

上下の歯が噛み合わさるときに

不思議な感じがします。

言葉では説明しづらいのですが、

輪っかがぴったり嵌めこんであるので

下奥歯の存在感?が浮き出ています(笑)

「装着して間もないうちは口内炎が出来たり、

口腔内に違和感がありますけど

数日で治まりますよ。」

と言われた通り

3日もしないうちに違和感はなくなりました。

幸い、口内炎はできず。

初めてのゴムかけ 1ヶ月の歯並びの経過 まとめ

・ゴムをかけて1週間経つか経たないかで最初の変化に気づく

・ゴムをかけ始めてから1ヵ月経過して僅かに隙間が空く

歯は歯槽骨の中で破壊と再生を繰り返しながら

ゆっくり動いてきます。

ゴムをかけ始めたからといって

すぐに変化が現れるわけではなく、

ゆっくりゆっくりと時間をかけて

歯は動いていくので

歯並びの変化に気づくのは

1週間~1ヵ月後になります。

矯正を始めたばかりなので

肉眼で目に見える変化はなくても

歯並びの変化

上下犬歯の位置が変わっているのを

感じられて嬉しかったです(^-^)

次の記事は調整1回目の記録です。

記事下の《次へ》お進み下さい☆

-1ヶ月間の歯の動きと痛みまとめ
-, ,

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.