[矯正経過写真] 右上の犬歯横の隙間はまだ閉じていなかった…? 12月4日-1月7日比較

インプラント矯正 歯の動き経過まとめ 20191203-20200107

投稿日:2020年1月7日

前回気になっていた前歯の隙間は…

歯全体の位置調整も終わったようで(?)

先日、アンカースクリューも

取り外しました。

前回(2019年11月と12月)の比較記録で

前歯6本が隙っ歯になっている

ということを書きましたが

果たしてどうなったのか…。

振り返ります。

Sponsored link

歯並びの変化

これまでは斜め向きの写真と

横顔の写真も掲載してきましたが

写真で見る限り変わり映えしない

= 隙間は殆ど埋まって大きな変化は見られない

ので今年から あおり とフカンの

写真のみにします。

あおりとフカン

あおりの写真↓

インプラント矯正-1ヵ月での歯の動き-下から見る上の歯 202001
あおりの写真
← 右 左 →
インプラント矯正-1ヵ月での歯の動き-上前歯が若干隙っ歯気味 201912
先月とその前月の比較
インプラント矯正-1ヵ月での歯の動き-下から見る上の歯 202001
現在
← 右 左 →

右側の犬歯横に若干隙間が空いていますが

これはまだ完全に閉じてない…?のかな。

今回は肉眼で見たときに

前歯6本の隙間は気にならなかったし

写真で見てもやはり気にならなかったので

問題なさそうです。

前回の調整でいつも通り

歯列全体にパワーチェーンをつけたので

あれ以上隙間が広がることは

普通に考えれば無い(はず)ですよね。

続いてフカンの写真↓

インプラント矯正-1ヵ月での歯の動き-上から見る下の歯 202001
フカンの写真
← 右 左 →

右下の隙間は完全に閉じています…

よね?

先月と比べしっかり閉じているように見えます。

Sponsored link

アンカースクリュー除去後

昨年12月25日にアンカースクリューを

除去しました。

朝一で取り外した後、

歯医者さんを出る前に鏡を見ると

赤黒い穴がぽっかりあいていて

夕方にはその穴は塞がり

白くなっていました。

そして現在↓

インプラント矯正 アンカースクリューを取り外した後の傷口 202001

傷口は閉じて元通りの歯茎になりました。

どこに穴が空いていたのか

一瞬分からなくて

除去前の写真と照らし合わせながら

○で囲いました(笑)

ビフォーアフター写真↓

インプラント矯正 上顎のアンカースクリュー取り外し ビフォーアフター 202001
上顎
インプラント矯正 下顎のアンカースクリュー取り外し ビフォーアフター 202001
下顎

表面は穴が塞がっていても

顎骨内ではまだ穴は塞がっていなくて

完全に元通りになるのに

約1ヵ月かかります。

Sponsored link

まとめ

気になっていた前歯6本の隙間は

閉じたみたいです。

右上の犬歯横にまだ隙間が残っているので

この後もまだ調整は続く…のかな。

アンカースクリューの傷跡も

綺麗になって良かったヨカッタです(^-^)

次は調整日の記録です。

記事下の《次へ》お進み下さい☆

-1ヶ月間の歯の動きと痛みまとめ
-

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.