抜歯矯正 33回目 ブラケットオフの準備 | 右下の奥から二番目(6番)の輪っかを外す

インプラント矯正 33回目調整日 20201223

投稿日:2020年12月23日

ブラケットオフへのカウントダウン[3]

Sponsored link

前回で調整が終わりました。

今日から矯正装置を少しずつ

外していきます。

前回の調整▼

本題に入る前に…

前回の調整から1週間経った頃に

左下犬歯のパワーチェーンが

切れてしまいました。

ただ、ブラケットを挟むようにして

ブラケットの上側だけが切れて

ブラケットの下側は無事でしたが

切れたままはよくないと思い、

12月5日(土)に急遽つけ直しに

矯正歯科へ赴きました。

歯列矯正 ブラケット上を通るパワーチェーンが切れる 202012

その日は一列全部取り替えて頂きましたが

ブラケットを挟むようにして

上下のうち片側だけ千切れてしまっても

引っ張る力は残っているので

そのままでも大丈夫と言われました。

完全に切断される形で切れてしまったときは

交換が必要になるとのことです。

この先パワーチェーンを着けることは

きっと無い(あっても数回)でしょうが

最後の最後に貴重な知識を

身につけました。

Sponsored link

では、本題に移ります。

この先は3回に分けて(※)

ブラケットオフの準備をします。

(※)

[3]今回 … 下6番の輪っかを外す

[2]次回 … 下7番の輪っかを外す

[1]その次 … 歯型を取る

その次の次 … ブラケットオフ

今日は下の奥から2番目(下6番)の

輪っかを外します。

その前に、先々月くらいから

少し気になっていた

『上前歯の被さり』

写真では分かりづらいですが

前歯の被さりが4月と比べて

深くなっています。

ブラオフの準備に入るこの段階で

歯並びのことを伺うのは

とても気が引けますが、

むしろ質問するなら

今、このタイミングしかないと思い

先生に思い切って聞いてみました。

▼今日やったこと▼

・前歯の被さりと距離感について質問&返答

・下の奥から二番目の輪っかを外す

ではでは、本日の記録です。

Sponsored link

調整&ブラケットオフ準備の記録

上前歯の被さりと距離感について伺いました

先生が何も言わないのをみると

許容範囲なのだろうとは思ってましたが

なにせ私のこの 気にしい の性格、

納得しないと次へ進めないのです。

(決して先生を疑ってるわけじゃないんだよ(^^;))

インプラント矯正 - 上のブラケットに針金を巻きつける 202004
2020年4月
インプラント矯正 - 前歯の被さりが浅い 202005
2020年5月
インプラント矯正 - 前歯の被さり 202011
2020年11月

5月頃に

「被さりは少し浅めにして終わろうと思います」

みたいなことをおっしゃっていて

その後、私が犬歯の先端同士が

噛み合わないことに こだわり

微調整に微調整を重ねて頂きました。

それが裏目に出て

当初先生が計画していた被さりよりも

深くなってしまったのではないか、

(もう少し浅めに終わる予定をしていたのなら
先生の意向に合わせたかった………。)

一度気になり始めると

止まらない性格なので(苦笑)

装置を外す予定が決まった

このタイミングで

伺うのはとても気が引けますが

被さり具合と距離感について

聞いてみました。

先生のアンサーは

前歯の被さりと前後の距離感の理想は

それぞれ2〜3mmと言われていて

今、両方ともその通りになっています

「実際に見てもらおうかな」と

手鏡を手渡され、

上前歯と下前歯の前後の距離感&

上前歯の被さりをそれぞれ

「スケーラーのここからここまでが約2mmね」

とスケーラーを当てて説明して下さいました。

先生「OKかな?(^^)」

はい、

もう一生

ついて行きます

嫌な顔せず、きちんと納得のいくように

説明をしてくださって

本当にありがたや…(涙)

自分のブログを見返したら

5月の調整の記事(記録)に

2mmの距離で進めている

と書いてありました(^^;)

(先に確認しておけって話ですね…汗)

『浅め』というのは2mmのことだったのかな?

というわけで納得が出来たので

いよいよ装置を外していきます。

(ホント、
我ながら変な所にこだわりを持ち、
ひとつ気になり始めると
とことん気にしてしまう性格を
なんとかしたい………)

Sponsored link

右下6番の輪っかを外す

外すのはほんの一瞬でした。

下の歯のワイヤーを外した後に

輪っかを外しましたが

『いつ外したの?』と思うくらい

スポッと簡単に取れます。

アンカースクリュー抜歯矯正 下奥歯の輪っか(バンド)を外す 202012
← 右 左 →

外したのは右側だけ。

左側は輪っかではなくブラケットを着けています。

左側は2019年3月に

知覚過敏の症状が出たときに

一般歯科を受診することになり

輪っかを外しました。

一般歯科の診察を終え

その後、ブラケットに変更。

ブラケットは外さずにそのまま残すようです。

アンカースクリュー抜歯矯正 下奥歯の輪っか(バンド)を外す 202012

右側の輪っかを外すと

歯とその周辺を掃除し

下の歯にワイヤーを入れ、

上下一列にパワーチェーンを着けます。

ブラケット無しの状態で

ワイヤーとパワーチェーンが

歯の横を通過している非常にレアな図(笑)

アンカースクリュー抜歯矯正 終わりに向かっているので装置を外す 202012

その後は、冒頭に書いた

パワーチェーンが切れてしまった

(切れやすい?)

左下犬歯と5番(=第二小臼歯)のブラケットに

針金を巻きつけて

フィニッシュ。

ブラケットオフの準備 まとめ&次回やること

ブラオフへのカウントダウン [3] の今日は

右下の奥から二番目の輪っかを外す

 (左下のブラケットは着けたまま)

・輪っかを外した歯とその周辺をクリーニング

これだけです。

次回は1月16日(土) 。

下の一番奥の輪っかを外します

Sponsored link

ブラオフへのカウントダウン[3]を終えた感想

ふと思い返してみれば

今日輪っかを外した

下の奥から二番目は

矯正を開始した2016年12月に

嵌めたものでした。

そう、下の歯にはリンガルアーチ、

上の歯にはカリエールディスタライザーを装着し

非抜歯矯正がスタートした月でした。

ちょうど4年後の同じ月に

輪っかを外すとはなんとも感慨深い。

歯列矯正 4年前に奥歯に輪っか(バンド)を着けました[比較]

輪っかを嵌めるときに

歯が軋むような

なんともいえない違和感があって

気持ち悪かったのを覚えています(-_-;)

しっかり嵌め込むために

トンカチのようなもので

トントン打ち込んでいくときも

歯茎にキュンキュン軋むような感覚が

気持ち悪くて

二度とやりたくないと思ってたので

左側がブラケットになった時は

とても嬉しかったです(笑)

嵌めるのは苦労しても

外すのはほんの一瞬で

ちょっと驚きました。

アンカースクリュー抜歯矯正 下奥歯の輪っか(バンド)を外す 202012

片や輪っかを外し、

片やブラケットが着いたままで

左右でちぐはぐですが

これもまた思い出(笑)

次はブラオフへのカウントダウン[2]です。

まさかここへ来ていらないお土産が…。

-インプラント(抜歯)矯正の調整日
-

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.