インプラント矯正 31回目 調整日 | 虫歯治療はリテーナーに入る前に済ませましょう?!

インプラント矯正 31回目調整日 20201006

投稿日:2020年10月6日

リテーナー期間に虫歯治療が出来ない理由

4月に右下の親不知を抜歯した歯医者さんに

その後定期検診で通い始めました。

矯正が終わった後のかかりつけ医を

どこにしよう…と

決めかねていたので見つかって

良かったです。

…と思ったんですけどね、

診立ても良くて腕も確かですが

ちょっと引っかかることが。

Sponsored link

以前のかかりつけ医に

虫歯になりかけ」と指摘され

かれこれ20年以上様子見していた

上奥歯の隙間の虫歯を

「治療したいので矯正歯科の先生と

ご相談の上、返事をもらえませんか?」

と言われました。

ちなみにこの

『20年以上様子見だった虫歯』

に関しては

非抜歯矯正の装置 = カリエールディスタライザーを

ブラケットワイヤーへ変える直前(2017年)に

矯正歯科の先生にも指摘されましたが

「先生によっては

治療するほどの虫歯ではないと言われるくらい

小さな虫歯だから」

と言われ、

当時はそれまで通っていた

かかりつけ医に治療に行きましたが

案の定「これは様子見で良いよ。」と

診断を下されました。

Sponsored link

そう、だから約20年放置していたとはいえ

3年前に診察して頂いて

『要観察』で終えたのに

"本当に治療が必要な虫歯なの?"

と不信感。

その他にも

虫歯治療すると歯の形が変わってしまうから

リテーナーの間は避けた方が良い

・治療するならリテーナーに入る前の今、

もしくは矯正終了後

治療するなら今のタイミングの方が良いと

それとなく促されました。

更に、

奥歯の隙間の虫歯は被せ物が

銀色になると聞いて

心底嫌でたまらない(-_-;)

自費で白い被せ物にするにしろ

今このタイミングには痛い出費(泣)

(自動車保険の支払いで8万飛ぶのに!泣)

"以前の歯医者で『要観察』と診断された歯です!"

と言えるわけもなく、

でも私が治療に前向きでないことを察してか

「レントゲンを撮って

虫歯の進行を確認することも

出来ますよ(^^)」

となったのでとりあえず次回は

レントゲン診断になりました。

そしてこのことを

矯正歯科の先生にお伝えしました。

Sponsored link

調整の記録

虫歯治療に関して

一般歯科で受けた話をそのまま伝えました。

矯正歯科の先生からも

・虫歯治療をすると歯の形が変わる

・マウスピース型のリテーナーは

歯型に合わせて作るので

歯の形が変わると

それまでのリテーナーが嵌らなくなって

作り直しになる

と改めて説明されました。

・リテーナーもマウスピース型ではなく

ワイヤー型もあり、

ワイヤー型なら保定期間中でも

虫歯治療が可能

保定期間(リテーナー)は2年半

(矯正終了後に虫歯治療をするなら

2年半以上先になるのですね。)

以前通っていた一般歯科では

『様子見』のまま過ごしてきたのに

今回の一般歯科で

虫歯治療を勧められたことについては

・小さい虫歯の治療は先生によって判断が変わる

歯医者を変われば診断も変わる

・レントゲンで判断してもらっても良いし、

もしくは以前通っていた歯医者に戻る

・仮に銀歯になっても位置的に

そこまで目立たないから

今は銀歯にして将来的に

自費で白い詰め物に変更も出来る

Sponsored link

調整に関して

前回の調整で左下犬歯のブラケットに

ワイヤーを巻きつけたので

今回はそのまま様子見になりました。

インプラント矯正 - ブラケットを針金で囲う処置 20200911
前回の調整

まとめ

矯正歯科の先生の話をまとめると、

これまで通っていた歯医者で虫歯を見つけて

ずっと定期検診に通っていたなら

先生も歯の状態を把握しているけど

歯医者を変わってしまうと今の先生は

それまでの経緯は分からないし

知ったところでその歯医者には関係ない…

といったニュアンスでした。

つまり、

歯医者を変わればリセットされしまう、

小さな虫歯に対して治療する/しないは

先生によって違うので

そこに通うならそちらの先生に従う、

無理だと思うなら元の歯医者に戻る、

こういうことです。

…なんだろう、

とても勉強になりました。

矯正歯科の先生にも

アンカースクリューを打った歯医者の先生にも

「歯医者とは無縁の生活を送ってたみたいだね」

と言われるくらい

矯正を始めるまでは歯医者とは無縁の生活を

送っていました。

それこそ定期検診で通うだけ。

その定期検診も小学校3~4年から

2017年までずっと同じところに通っていました。

どうしてそこに通うのをやめたかというと

遠いから

(通って通えない距離ではないけれど…

車で20分、交通量が多い道を走るのが苦痛。

バスの場合、行きも帰りもバス停から遠い。)

定期検診で通うならやはり近所、

自転車で行ける範囲が良いと思っていました。

本当はブラケットオフ後、または

矯正が完全に終了してから

定期検診に通う予定でいましたが

矯正歯科の歯のクリーニング料金が

増税後に値上がりし

それだったら健康保険適用の方が

多少安くあがるのではと思い

かかりつけ医を探し始めました。

その後、親不知の抜歯をキッカケに受診。

冒頭に書いた通り、腕も診立ても良くて

末永く通いたいな…とは思ってるけど…

ごく小さな虫歯は治療しないで

要観察する選択があることを知り

更に20年近くそのままで過ごしてきた身としては

虫歯は見つけ次第即治療の姿勢は

ちょっと………嫌だな(^^;)

とりあえず次回、

一般歯科でレントゲンを撮ってもらった上で

結果が決まります。

虫歯の診断が下されるだけでも

気分が沈むのに

銀歯になると聞いて更に憂鬱………。

次の記事は1ヶ月の経過記録です。

記事下の《次へ》お進み下さい☆

次の調整日の記録を読みたい方はコチラ↓

虫歯治療はどうなったかというと…

-インプラント(抜歯)矯正の調整日
-

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.