上4番(第一小臼歯) 抜歯後の術後経過を診せに行き右アゴも診てもらいました

抜歯矯正-上4番(第一小臼歯)の抜歯後の診察 20180116

投稿日:2018年1月16日

抜歯から1週間が経ちました

Sponsored link

今日は術後経過を診る為に

抜歯した口腔外科へ行って来ました。

抜歯直後は右アゴがカクンとズレて

口が開かなかったり、

その後も一定の姿勢で物を噛むと

クリック音がしたりと

少なくとも抜歯前に比べて

アゴの状態は悪くなってました。

(悪くなったというより、

矯正前に戻った…ですね。)

口腔外科、かつ1年以上前に顎関節症のことで

診てもらったことのある先生なので

アゴの状態も診てもらいました。

術後の診察

術後良好

「どうですか~?」と聞かれ

「抜歯した場所はなにも問題はありませんでした。」

と答えました。

「うん、大丈夫そうだね~。」と言いながら

抜歯した場所に消毒をして終わりです。

その他説明

・今後も消毒(うがい)だけは続けていくこと

・飲食は普通にして差し支えない

・かさぶた( = 血餅) は取れても大丈夫

以上3点を説明されました。

Sponsored link

アゴの診察

口腔外科医なのでアゴの状態を診てもらいました。

口を開け閉めする際に右アゴが擦れるから

症状は顎関節症と言われました。

ただ、顎関節症の症状にも

大なり小なりがあって

私の症状は比較的、軽症なもの。

先生へ質問

Q.今後、下の歯も抜歯しますが顎関節症が悪化することはないですか

A.

悪化…というより、

良くなったり悪くなったりを繰り返すものだから

この先、口を開ける時に

痛みが出るかもしれない。

でもそれも時間が経つと治まって

しばらくしてまたアゴが鳴って、

痛くなって、治まって…を

繰り返していくもの。

日常生活に支障をきたすほどなら

手術にもなるけど

歯列矯正をしているから

手術するほど大きな症状になることは

まずない。

この先、歯並びが改善されることによって

むしろ症状が軽減する場合もあるし

それで軽減しないなら

原因は他にあることになる。

人は誰しもなにかしら顎関節症の症状を

持っていると言われているから

そこまで心配しなくて大丈夫だし、

神経質にならなくて良いですよ。

とりあえず一安心

「関節のことは根本的な理由があったとしても

色々な要因が重なっているので

何が原因で症状が発症しているのか

特定が難しいし、分かりにくい…」

みたいなこともおっしゃってました。

『神経質にならなくても大丈夫』

『軽症な部類だから心配ない』

と言われ、胸をなでおろしました(。-ω-。)

かといって

完治するものでは無いようなので

一生向き合っていかなければならないのかな。

日頃からアゴに負担のかかること

( = うつぶせ寝や頬杖、等)をしないように

気をつけなければ。

上の歯にワイヤーを通した記録を読みたい方はコチラ↓

非抜歯矯正終了から抜歯矯正開始までの間を

時系列でまとめました。

アンカースクリューの埋入や抜歯の順番が

分かります。

-抜歯
-,

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.