[非抜歯] 9回目 調整日 | 上の歯のワイヤーには手もつけず

非抜歯矯正の表側装置(セラミックブラケット)調整日 20171006

投稿日:2017年10月10日

上のワイヤーはまさかの交換ナシ

Sponsored link

非抜歯矯正の後半、

隙間を閉じていく過程に入ってます。

その隙間も閉じるのは時間の問題、

下の歯もデコボコが取れて

綺麗なアーチ状に並びつつあります。

そんなこともあってか

前回、そのまた前もワイヤーの交換だけに

終わりました。

あ、前回は+αで下の犬歯のブラケットに

針金を巻きつけました。

さて今回はなにか進展はあるのでしょうか。

調整の記録

調整に入る前に歯のクリーニングをしました。

3ヶ月ぶりのクリーニングで歯がピカピカになり、

気分もあがります。

歯のクリーニングは任意なので

私はだいたい3ヶ月に1回のペースでお願いしています。

そして毎回言いますが、全然痛くない

気持ち良いです。

そして調整に移ります。

Sponsored link

下の歯のみワイヤーを交換

今回は下の歯のワイヤーだけを太いものに交換し、

上の歯は前回のワイヤーのまま続行です。

そうなんです、

歯のクリーニングの際に

今回はワイヤーを外さないままだったので

『あれ???』

と思いました。

同じワイヤーを2ヶ月連続

使用することになりますが

口腔衛生上、大丈夫なのでしょうか。

よって上の歯はモジュールの交換だけで

終わりました。

モジュールとはブラケットひと粒ひと粒に

嵌める白いゴムのことです。

カレーを食べると変色するやつです(笑)

これは毎回、必ず交換しています。

まとめ(?)

先生からは特に説明はありませんでした。

ワイヤーとモジュール交換だけだと

書くことがなくて困る(笑)

それにしてもこれはいよいよ

非抜歯矯正の終わりを示しているのだろうか…。

あ、そのようですね。

次の調整日の記録を読みたい方はコチラ↓

1ヶ月の比較記録を読みたい方はコチラ↓

-非抜歯矯正の調整日
-,

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.