[矯正経過写真] 青ゴムが1週間も経たないうちに取れる 5月22日-6月11日 比較

インプラント矯正 歯の動き経過まとめ 20200522-20200611

投稿日:2020年6月11日

先端同士も嚙み合うようになりました

矯正も本当にいよいよ

最後の仕上げに入ろうとしています。

上の奥歯のガタつきを取るために

装置をつける準備として

青ゴムを挟みました。

(今からまだ装置をつけることにも驚きです。)

歯列矯正 - 奥歯のガタツキを取るために青ゴムを装着 202005
お久しぶり

それ以外にも

歯の先端同士が噛み合わないことで

先生からは

「本来は噛み合わないし、そういう使い方はしない」

と説明を受けました。(今年の2月)

それでも原因を突き止めて

処置して下さったおかげで

前回の調整日から

1週間後にはの犬歯の先端

その10日後には前歯の先端

嚙み合うようになっていました。

この1ヶ月の経過を振り返ります。

Sponsored link

青ゴムの行方

かなりお久しぶりな青ゴム

矯正開始前に着けた以来です。

歯列矯正 - 奥歯のガタツキを取るために青ゴムを装着 202005

青ゴムの役割についてまとめ↓

青ゴムを挟むということは

次回は輪っかを嵌めるということ。

ところが、1週間もしないうちに

両側とも取れてしまいました(^^;)

5月24日(日) 調整から2日後

の青ゴムが取れていることに気付きました。

「外れたらそのままで良いです。」

と言われましたが

調整日から2日後、早々に退場です。

5月31日(日)

の青ゴムが取れていることに気付きました。

いくらなんでも

早すぎやしないかΣ(;゚д゚)

これじゃあ、ろくろく隙間も空いてない、

空いたとしてもすぐに閉じてしまうのでは…。

Sponsored link

歯並びの変化

先端同士の噛み合わせについて

前回の調整で先生が

「バイトが浅いのかな…」とポツリ。

ワイヤーを真っ直ぐなものと

交換するなどの処置をした結果、

上前歯の下の歯への被さる面積が

若干増えました。

インプラント矯正 - 前歯の被さり 202006

前歯の先端同士も噛み合うようになりました。

インプラント矯正 - 前歯の先端同士の噛み合わせ 202006

犬歯の先端同士も

左はOK、右はあと少し…

かろうじて噛み合うか合わないか…、

というところまできました。

インプラント矯正 - 犬歯の先端同士の噛み合わせ 202006
← 左 右 →

感想

歯の先端同士も残すは右側のみ。

ていうか、

なんやかんや言いながらも

こちらの気持ちを組んで下さったことに

感謝しているのと

また、その様に調整できる技術に

改めてここを選んで良かったなー

と思うのでした。

歯の位置って細かく調整できるものなんですね…(驚)

次は調整日の記録です。

輪っかの代わりに………

記事下の《次へ》お進み下さい☆

-1ヶ月間の歯の動きと痛みまとめ
-

Copyright© 出っ歯の非抜歯・抜歯矯正ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.